ドテラ

<あのウイルスにも強い?>ウイルスをやっつける、ドテラ のオンガード研究の結果を翻訳したよ。

【友達を誘わない】〇〇でダウンを集客する法とは!(タップ)

新型のコロナウイルスが猛威をふるってますね〜。
マスクがどこにも売ってない〜。

オンガードがインフルエンザをほぼ死滅させたと オクラハマ大学の研究であきらかになった!?との情報があるようなのですが、本当なのでしょうか?

私、気になります。

ドテラ のオンガードで検索して私の記事を読んでくださる方がたくさんいらっしゃるので、徹底レポートしてみました。

オンガードと、インフルエンザについての細胞レベルでの研究

PubMedという米国の国立医学図書館内の国立生物科学情報センターで、「オンガードがインフルエンザウイルスにどんな風に効果があったのか」の研究結果が紹介されています。

ドテラでは、すべての製品にCPTGという独自の品質基準を設けることで、安定して高品質な製品を流通させてますが、この研究結果はドテラとは全く関係のないところで行われたそうです。

ここに注目!

きちんと研究結果に記してありました。

競合する利益

著者の誰も、開示するために競合する金銭的利益を持ちません。すべての著者は、On Guard™ブレンドオイルの生産者であるdoTERRA Internationalとは関係ありません。

2010年の中国の大学でのオンガードの研究

2010年の中国の大学でのオンガードと、インフルエンザについての細胞レベルでの研究結果の一部です。

Google翻訳してみました。

保護エッセンシャルオイルは、インフルエンザウイルス感染を軽減します:MDCK細胞のin vitro試験。
ウー・S・他 BMC Complement Altern Med。 2010年。
完全な引用を表示
概要
背景:インフルエンザは、罹患率と死亡率の重要な原因です。 最近の新型H1N1インフルエンザウイルスの世界的流行は、この病気の効果的な治療法の探索の重要性を強調しています。 芳香植物のエッセンシャルオイルは、個人衛生、治療マッサージ、さらには医療行為など、さまざまな用途に使用されています。 この論文では、抗ウイルス活性におけるエッセンシャルオイルの潜在的な役割を調査します。

方法:市販のエッセンシャルオイルブレンドOn Guard™を研究し、Madin-Darbyイヌ腎(MDCK)細胞でのインフルエンザウイルスA / PR8 / 34(PR8)感染の調節能力を評価しました。 インフルエンザウイルスは最初にエッセンシャルオイルとインキュベートされ、MDCK細胞の感染性は蛍光フォーカスアッセイ(FFA)によって定量化されました。 ウイルス感染抑制におけるエッセンシャルオイルの効果のメカニズムを決定するために、フローサイトメトリーと免疫蛍光顕微鏡法により、MDCK細胞における血球凝集(HA)活性、未処理および油処理ウイルスの結合および内在化を測定しました。 さらに、ウイルスの転写および翻訳に対する油処理の効果を、相対エンドポイントRT-PCRおよびウェスタンブロット分析によって分析しました。

結果:インフルエンザウイルスの感染力は、用量依存的な方法でエッセンシャルオイル治療によって抑制されました。 MDCK細胞から放出された新生ウイルス粒子の数は、ウイルスをそれぞれ1:4,000および1:6,000希釈の油で処理した場合、90%および40%減少しました。 ウイルスを1:2,000および1:3,000に希釈したオイルでそれぞれ処理した場合、感染したMDCK細胞の数がそれぞれ90%および45%減少したため、ウイルスのオイル処理により細胞の直接感染も減少しました。 これは、オイル処理にもかかわらずHAが保存されたため、HA活性が低下したためではありません。 さらに、オイル処理は、MDCK細胞のウイルス結合または内在化に影響しませんでした。 MDCK細胞の生存率は、ウイルス感染性を阻害する用量よりも2〜6倍高い濃度の油でのみ見られたため、これらの効果は油の細胞毒性によるものではないようでした。 RT-PCRおよびウェスタンブロット法により、ウイルスの油処理がウイルスのNPおよびNS1タンパク質を阻害したが、mRNA発現は阻害しなかったことが実証された。

結論:エッセンシャルオイルブレンドは、MDCK細胞のウイルス結合または細胞内在化に影響を与えることなく、in vitroでインフルエンザウイルスPR8の感染性を大幅に減衰させます。 油処理ウイルスはウイルスmRNAを発現し続けたが、ウイルスタンパク質の発現は最小限であり、抗ウイルス効果はウイルスタンパク質翻訳の阻害による可能性があることを示唆している。

引用元 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/21078173/

他にもありました。

インフルエンザは、罹患率と死亡率の重大な原因です。最近の新型H1N1インフルエンザウイルスの世界的流行は、この病気の効果的な治療法の探索の重要性を強調しています。芳香植物のエッセンシャルオイルは、個人衛生、治療マッサージ、さらには医療行為など、さまざまな用途に使用されています。この論文では、抗ウイルス活性におけるエッセンシャルオイルの潜在的な役割を調査します。市販のエッセンシャルオイルブレンドであるOn Guard™を研究し、Madin-Darbyイヌ腎(MDCK)細胞でのインフルエンザウイルスA / PR8 / 34(PR8)感染の調節能力を評価しました。インフルエンザウイルスは最初にエッセンシャルオイルとインキュベートされ、MDCK細胞の感染性は蛍光フォーカスアッセイ(FFA)によって定量化されました。ウイルス感染抑制におけるエッセンシャルオイルの効果のメカニズムを決定するために、フローサイトメトリーと免疫蛍光顕微鏡法により、MDCK細胞における血球凝集(HA)活性、未処理および油処理ウイルスの結合および内在化を測定しました。さらに、ウイルスの転写および翻訳に対する油処理の効果を、相対エンドポイントRT-PCRおよびウェスタンブロット分析によって分析しました。結果インフルエンザウイルスの感染力は、用量依存的にエッセンシャルオイル処理によって抑制されました。MDCK細胞から放出された新生ウイルス粒子の数は、ウイルスをそれぞれ1:4,000および1:6,000希釈の油で処理した場合、90%および40%減少しました。ウイルスを1:2,000および1:3,000に希釈したオイルでそれぞれ処理した場合、感染したMDCK細胞の数がそれぞれ90%および45%減少したため、ウイルスのオイル処理により細胞の直接感染も減少しました。これは、オイル処理にもかかわらずHAが保存されたため、HA活性が低下したためではありません。さらに、オイル処理は、MDCK細胞のウイルス結合または内在化に影響しませんでした。MDCK細胞の生存率は、ウイルス感染性を阻害する用量よりも2〜6倍高い濃度の油でのみ見られたため、これらの効果は油の細胞毒性によるものではないようでした。RT-PCRおよびウェスタンブロット法により、ウイルスの油処理がウイルスのNPおよびNS1タンパク質を阻害したが、mRNA発現は阻害しなかったことが実証された。結論エッセンシャルオイルブレンドは、MDCK細胞のウイルス結合や細胞内在化に影響を与えることなく、in vitroでインフルエンザウイルスPR8の感染性を大幅に減衰させます。油処理ウイルスはウイルスmRNAを発現し続けたが、ウイルスタンパク質の発現は最小限であり、抗ウイルス効果はウイルスタンパク質翻訳の阻害による可能性があることを示唆している。

引用元 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2994788/

こちらの文献の共同著者の複数名がUniv. of Oklahoma Health Sciences Centerです。タイトルの下にあるAuthor Informationをタップすると確認できます。

市販の除菌ジェルとエッセンシャルオイル(精油)の比較

私はドテラのオンガードというで、手の除菌をしています。こちらのオイルは空気中の悪い菌だけを99.99%殺し、肌へのダメージもありません。

ドテラ の愛用者の方は、こんな風に行っている方も多いのではないでしょうか?

もう、この時期は除菌ハンドジェルを使用がマストですよね。
そのハンドジェルに健康被害をもたらす成分が使用されている事をご存知ですか?

手指用アルコール消毒剤、毎日使っても大丈夫?米政府がメーカーに安全性と効果の証明を要請

市販の物は悪い菌を殺すだけでなく、良い菌まで一緒に殺してしまったり、肌を乾燥させてしまうというマイナス要素があるのだそうです。

理科の実験結果

写真はある子どもが理科の実験でおこなったもので、市販の除菌ジェルとエッセンシャルオイル(精油)、どちらの方が菌を殺すかの実験結果の画像です。

びっくり!エッセンシャルオイルの方が効果が高いんですね。

オンガードの別名はプロテクトブレンド

オンガードは、ドテラオリジナルの独占ブレンドによって、健康的な免疫機能をサポートする自然防御のブレンドオイルなのだそう。
有害なバクテリア、カビ、ウイルスに対して、強力な殺菌力がある、5種類のシングルオイルを組み合わせて作られています。

オンガードに使われているエッセンシャルオイル

ワイルドオレンジ
クローブ・バッド
シナモンの皮
ユーカリプタス・ラディアータ
ローズマリー

私はアロマ検定1級を持っていますが、オンガードが別名保護ブレンドと呼ばれる理由はその一つ一つの精油のパワーによるものというのがよく分かります。

抗菌、抗ウイルス、風邪・インフルエンザ等の感染症予防、防腐対策などの目的で病原菌の抑制・除去・消毒・強力な殺菌作用・抗真菌・免疫強化などの特性を持ち合わせる精油が使われているんですね。

注意したい事

大前提として、日本では、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。
ですので、その法律がある以上は

〇〇に効く
〇〇が治る

という言い方はしてはいけない表現です。

オンガードを使う場合、敏感肌の方は希釈が必要、妊娠中は慎重に使う事。
場合によってはアレルギー反応も出る人もいるので、初めて使うときはパッチテストが必要です。

ドテラ社のオンガードという製品の前に

植物には、それぞれ「働き」があって、その働きを知れば、自分たちの体にどんなサポートをしてくれる可能性があるのか私たちは知ることができます。

そもそも、現在の世の中にある『お薬』の元の元を辿って行ったら…人類の古い知恵「薬草学」だったりするわけです。
植物が持つ、化学組成を真似て、大量生産できるようにしたのが、歴史的な背景の中にあることも、誰もが知っていることなわけです。

国が変わるだけで、当たり前に普通の人が知り得る情報として出回っていたりしていますが、日本では法律的にNGな表現もあるので人に伝えるときは気をつけなければいけないですね。

この精油もオススメ【ティートリー】

精油ティートリーは抗ウイルス作用が強く、抗菌、抗ウイルス、抗感染症に使えるので、1本でキッチンやトイレの消臭除菌にもオススメですよ。

このオンガードは、一連のシリーズで販売されています。

オンガードドロップス(のど飴)、オンガードビーズ(マウスフレッシュ)、オンガードトゥースペイスト(歯磨き)、オンガードクリーナーコンセントレイト(万能液体洗剤)、
などなど、それについてはまた記事を書きますね。

このところ、コロナウイルス感染やインフルエンザが話題となっていますが、やはり普段から、免疫力を上げてウイルスに負けない体づくりをしたいところです。
その上でアロマの力が感染予防に役立ってくれると素晴らしいですね!

誘う相手がいない…それが【最初で最大】の悩みです!

ドテラ のようなネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ・・・

それによって「ママ友の信用すら失ってしまう」という事。

ビジネスを切り出せない。勧誘する相手が、ママ友以外に簡単に見つからないならば・・
もう、稼ぐことをあきらめるしかありません。

でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から『話を聞かせてほしい』と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

【ママ友NG】SNSでダウンが自動に増えていく驚きの方法を今すぐGETする!(タップ)

これもオススメ。
ドテラ

<速報!>ドテラ ミネラルの値段が改定決定!コスパについて徹底検証。

1月 23, 2020
ネットワークビジネスは在宅インターネットで成功する!女性が好きなことをしながら稼ぐ方法
アップやグループがあまり熱心じゃなく誰にも相談することもできないあなたへ(タップ) ドテラ の人気のミネラルの価格が変わるようですね! …
ドテラ

ドテラを愛用している芸能人を徹底調査『あの人も!?』2020年最新版!!

3月 8, 2020
ネットワークビジネスは在宅インターネットで成功する!女性が好きなことをしながら稼ぐ方法
【友達を誘わない】〇〇でダウンを集客する法とは! 自分が愛用しているMLMの製品をどんな人が使っているか気になりますよ …