ネットワークビジネス

モリンダの荘司エリコさんが書いている本が女性ネットワーカーにオススメな理由。

友達を勧誘したら嫌われる?そんな心配していませんか?(タップ)

ネットワークビジネスで、成功している女性はどのような考えで、どのようなプロセスを経てその地位までたどり着いたのでしょうか?
同じ女性として気になりますよね。

トップディストリビューターの方が書いた本がありましたので、その本から成功の秘訣を教えてもらおうと思います。

これを読んでいるあなたが、女性でネットワークビジネスをされているならば必読です!

ネットワークビジネスの成功者、荘司エリコさんのプロフィール

モリンダ・ジャパンのトップリーダー 荘司エリコさんは「財を築けるネットワークビジネス―47の「魔法のことば」が導く成功への道」の著者としても有名です。

彼女とモリンダ・ジャパンとの出会いは、専業主婦をしていた時なのだそう。
ビジネスとしての可能性にいち早く着目され、わずか数カ月でブラックパールというポジションを獲得されたのだそうです。

すごいですね!!

普通の感覚、スタイルをモットーとされているようですが、あっというまに、1万人を超える組織を構築されました。

今では、3万人を超えるとも聞きます。

ネットワークビジネスをはじめたときは、普通の主婦だったという荘司エリコさんですが、実は、お祖父様は、精糖会社創業者、お母様は、のちのスプーン印となる横浜精糖創業者一族という資産家のご出身。

そして彼女にモリンダを伝えたご主人の片山智明さんも、整形外科の基礎を作られたお医者ご一家なのだそう。

ここまで書いていて、普通の主婦というところに多少の疑問は持ってしましますが、いわゆる富裕層である荘司エリコさんの「エリコエフカンパニー」グループには、上場会社の経営者、大学教授、医療従事者、起業家、資本家…など、裕福で社会的地位の高い方々がたくさん参加されているのだそう。納得ですね。

荘司エリコさんの評判

モリンダのディストリビューターの方に聞くと、荘司エリコさんは知的で包容力・決断力に優れ、お人柄も大絶賛されている魅力的な女性のようです。

世界中に3万人超のメンバーを率いるリーダーとして活躍されていながら、決してギラギラしてなどなく、優しく穏やかな愛情のある温かいパワーの女性という声もありました。

ネットにはこんな声も・・・

数年で超トップセールスを売上げたのも当然という感じの素敵な女性です。
初対面なのに、私の心の中に瞬時に、そして、さりげなく入って来られました。

私は次の予定がありましたので、急いでいたら、わざわざホテルの玄関まで送ってくださり、ずっとお話しをして、励ましてくださいました。

「午前3時を知らないものはいない」と、言ってくださったのです。
これは、誰もが眠れない夜を経験しているのだから、あなただけではないですよ。と言うお言葉です。

この言葉は「赤毛のアン」で有名なL・M・モンゴメリ の自伝とも言われている「エミリー」シリーズの中に出てくる言葉だそうです。

私の雰囲気を察して、このような言葉を掛けていただいて大変光栄でした。
エリコさんも眠れぬ夜を何度も過ごしたとおっしゃっていました。

成功されている方から、このようなお言葉を頂くと重みがあり、本当に嬉しかったです。

過去には、本田健さんの講演会の司会もなさった事もあるとのこと。
やはりいろいろな人脈をお持ちなのですね。

荘司エリコさんが自身のビジネスを広める活動で、大切にしている3つのこと

①事業説明を続ける根気
②みんなと、信頼と尊敬を繋ぐ努力
③目の前にいる人を、無条件で好きになる無心

そして荘司エリコさんはこうも言っています。

「素晴らしい仕事として伝えれば、仕事としてとらえる人が集まる。結果的に商品もよりたくさんの人に伝わる」

目の前にいる人を、無条件で好きになる無心というのは、私も自分の仕事でもやっている事なので人とのコミニュケーションをとる上では大切な事ですね。

そしてネットワークビジネスは人に伝えなければ始まらない仕事ですから、根気よく事業説明を続ける事は最重要ですね。

友達に断られてもめげないハートも必要?

荘司エリコさんに聞く成功の秘訣は?

「私は、どんなことがあっても、ニッコリしているんです」
「ニッコリを忘れなければ、運気がついてくるようです」

荘司エリコさんの素敵なお人柄がうかがえるコメントですよね。

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はありません!その方法は?(タップ)

「財を築けるネットワークビジネス―47の「魔法のことば」が導く成功への道」を読んだ感想

「財を築けるネットワークビジネス―47の「魔法のことば」が導く成功への道」は荘司エリコさんが主婦ではなく経営者目線から見た、ネットワークビジネスの良いところがたくさん挙げられています。

ネットワークビジネスのビジネスモデルは、ロバート・キヨサキ氏、ロバート・アレン氏、ドナルド・トランプ氏、そして船井幸雄氏といったそうそうたる実業家の方も認める優れたビジネスモデルです。

このビジネスについて、荘司エリコさんが女性目線で語っている事は、ネットワークビジネスを事業として取り組んでいる女性には必読です。

この本を読んで私個人の感想は、彼女がモリンダという会社をとても愛し、信頼している事、製品に対しての愛情もとても強く感じ取れました。

ネットワークビジネスの成功者の条件はやはり、製品を愛用している事!当たり前のことなんでんですが重要な事ですよね。
そしてネットワークビジネスの会社選びって、やっぱり大事なんだなと改めて感じました。

そして、この本は2010年に書かれたものなのですが、こんなメッセージがありました。

「自分の生活、未来は国や会社に頼るのではなく自分で守るべき」
「21世紀の流通システムは、ネットワークビジネス抜きでは考えにくい。だからこそ、目を離さないで。」

2020年の今、あなたはこのメッセージで何を感じますか?

まとめ

モリンダ・ジャパンのトップリーダー でもあり、「財を築けるネットワークビジネス―47の「魔法のことば」が導く成功への道」の著者の荘司エリコさんから、女性がネットワークビジネスで成功するヒントを教えてもらいました。

そもそもネットワークビジネスは、1929年の世界恐慌という歴史的な事件から始まり、不景気を救う一筋の光として誕生したビジネスなんだそう。

本当の意味での働き方改革を迫られている今、この本は必読なのではないでしょうか?

そして、本の帯には『ネットワークビジネスはかっこいい仕事!まずは仕事への誇りを持ってください。あなたの醸し出す雰囲気が、周りの人たちを惹きつけていくのです。』とあります。

私はこの言葉にとても共感し、勇気ももらいました。あなたはどうでしたか?

この記事を読んでくださった、あなたのビジネスが成功する事を応援しています!

あなたへのオススメ