あなたのダウンを惹き寄せる
魔法の集客術
Dubli

「7つの習慣」Dubliで人生を素敵に変える活用術!

Dubliのようなネットワークビジネスの成功法としてもオススメの本、「7つの習慣」はもう読みましたか?

このスティーブ・コヴィー著の「7つの習慣」では、人格主義と個性主義という2つの概念を述べています。

う〜ん、ちょっと難しいかもと思った貴女のために、簡単にまとめてみました。

「7つの習慣」日本でも累計200万部の売り上げのベストセラー

人格主義への回復(7つの習慣より)

アメリカ建国以来の「成功」に関する文献の傾向を200年分見てみると、
最近の50年間は成功するためのイメージの作り方、テクニック、
応急措置的な手法の説明であり、その場しのぎの表面的な
薄っぺらいものにすぎない。

従って慢性的な原因には触れず、
何度も同じ問題が再発することになる。
こうしたアプローチを個性主義と呼ぶ。

一方、はじめの150年は著しく対照的で、人格主義と呼べるものだ。
これらの文献には、誠意、謙虚、誠実、勇気、正義、勤勉、節制、
黄金律などが成功の条件として取り上げられている。

この人格主義では、「成功」といわれる人生には、
その裏付けとなる原則(原理原則)があり、
その原則を体得する以外に成功し永続的な幸福を
手に入れる方法はないとしている。

アメリカのスティーブン・R・コヴィーによって書かれた「7つの習慣」は、2018年の時点で44か国語に翻訳され、全世界3,000万部、日本でも累計200万部を売り上げるベストセラーとなりました。

著者は執筆にあたり、アメリカの「成功」にまつわる文献を、約200年分調査しました。すると、直近の50年間は、コミュニケーションスキルやポジティブシンキングなど、上辺だけのテクニックに注目する内容が大半だったそうです。

反対に、その前の150年間の文献は誠意、謙虚、勇気、正義、忍耐、勤勉、節制、黄金律といった、時代が移り変わっても変化しない「原則」に基づいた人格形成に重点を置いていたことが明らかになります。

7つの習慣では、自分自身の人格や動機といった「内面」を見直してから、周囲の他人や環境を変えるという「インサイド・アウト」という考え方があります。

この考え方は、ビジネスにも通じるといえそうです。自分に足らない部分を常に磨き続け、自分の成長とともにビジネスが大きくなっていくのです。

「7つの習慣」の教えをDubliに活かす具体的な方法

Dubliのようなネットワークビジネスの成功を阻む要因の一つに、集客力があげられるかもしれません。
どうしたら集客力を高めることができるかを考えるのは、課題の一つでしょう。

Dubliのようなネットワークビジネスをすすめるために、魅力のある人間になることは当然ですが、自分の人間関係だけに頼って幅を広げるのは、物理的に難しいでしょう。

そんな課題解決の一助になるのが、インターネットを使った集客法でした。
インターネットは集客の面で大きな力になります。

Dubliでの成功を考える人には、集客で困っている人は多くいると思われます。

自分のビジネスや製品を伝える機会が増えれば増えるほど成功に近づくことは理解できるはずです。インターネットを活用することは、より多くの人に知ってもらい、集客力が増えることにもつながります。

インターネットを活用するというアイデアは、流通ネットワークでつながる「ダウンライン」の人たちが抱く、同様な悩みの解消にもつながったのです。

インターネットを活用するということが、依存状態から自立して自らが効果を作り出す「私的成功」だけでなく、自立した2人以上の人間が協力して、より高い効果を作り出す「公的成功」にもつながります。

たとえば物事がうまくいかなかった時、あなたはどのように考えるでしょうか。

いつも相手が同じような反応をする時、「どうして、いつもうまくいかないの?」と、疑問を外(アウトサイド)へに向けたりしていないでしょうか。

その反対に疑問を内(インサイド)に向けるということは、「どうしたら、うまくいくようになるのか?」と、疑問を自分に向けて考えるようになることです。

そうすることで、自分で解決策を考えるなるきっかけになります。

これだけの違いではありますが、考え方の変化で自身は変わることができるし、取り巻く人間関係も改善されるはずです。

この考えが、自分の内面を変えることで、外も変わるという「インサイド・アウト」の考え方です。

 「『インサイド・アウト』の 考え方では、私的成功が公的成功に先立つ。

つまり、他人に対して約束をし、それを守る前にまず自分自身に対する約束をし、その約束を守らなければならない ということなのだ。

また、人格よりも個性を優先することは愚かなことであり、自分自身を改善せずにほかの人との関係を改善しようとすることは意味がないこ とだと教えている」

と記されています。

Dubliのようなネットワークビジネスで特に意識することは、自分だけでなく相手も幸せになる方法を探すことではないでしょうか。

自分と相手だけでなく、取り巻く環境や、全ての関係者の間で「WIN-WINの関係」を構築することです。

Dubliで成功するためには、自分のグループを育成、教育、サポートすることで、ダウンラインの人たちを成功に導くことにもなるのです。

誘う相手がいない…それが“最初で最大”の悩みです!

ネットワークビジネスに取り組む大部分の方が『誘う相手がいない』という悩みを抱えていますよね。

誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまたら・・・そこであなたの収入もストップ!するのです!

でももし、その人脈リストが無限に増え、しかも相手の方から「その話聞かせて!」という方法があるとしたらあなたは興味ありますか??
【口コミなし】ネット初心者がMLMに興味のある人を毎月100人リストアップする方法こちらからGET!!