あなたのダウンを惹き寄せる
魔法の集客術
Le-Vel

Le-Vel、ママ友から誘われてドン引き!目から鱗の対処法教えます!

ママ友に声をかけたら嫌われる?ママ友を勧誘しないMLMのノウハウはこちらです(タップ)

 

Le-Velようなネットワークビジネスは、私たちが思っているよりもずっと多くの人が参加しています。
よって断りにくい相手から誘われてしまう事も

身近な人が嵌ってしまって、どのように断ろうか悩んでいらっしゃる方も多いようです。

変な断り方をして大事な関係にヒビが入ったり、気まずくなるのを回避するためには?!
よくある誘い方の手口と断り方について調査してみました!

この記事は、ママ友からLe-Velようなネットワークビジネスに誘われて困っている人
Le-Velようなネットワークビジネスをママ友に伝えようとしている人に向けて書いています。

Le-Vel、ママ友から誘われた体験談

近所に住んでいるママ友から、お茶会やランチに誘われたら、いつの間にかLe-Velの話になっているという事も多いとのこと。

中にはママ友のグループから誘われたので自宅におじゃましたら、製品がずらりと並べてあり、Le-Velの製品の愛用者の集まりだったという事もあるようです。

ネット上ではこのような声もあるようです。

私立小に通う子供を持つ母です。
子供を通して仲良くなったお母様からマルチ商法ではないかと思われる商品を勧められ困っています。
ここ半年くらいお茶をしたり、ランチをしたり楽しい時間を過ごしてきたのでとても残念です。
その商品についての知識はあったので今回はお断りさせてもらったのですが(私がその商品を購入すれば紹介者である彼女にバックマージンがはいります。
商品が高額なので結構な金額です。)彼女はその商品や会社にとても傾倒しているようにみえました。
今時のことですからネットで調べればその評判や仕組みはすぐにわかります。
そのようなものを何故他人に勧めるのか理解できません。
学歴も高く教養もあり、気さくな人柄で好感をもっていたのにがっかりです。
仲良くしてくれていたのも勧誘するためだったのかなと悲しくなったり。
私だけの知り合いならこれをきっかけにお付き合いは遠慮させてもらおうと思ったのですが
子供通しが仲良しですし、一貫校でもあるのでこれからも長くお付き合いは続くのかと思うと憂鬱です。

(お子さんはとても良い子なので)
引用元 https://www.inter-edu.com/

このママのように「仲良くしていたのもLe-Velに誘うためだったのか」と思うと悲しい気持ちにもなりますよね。

では、実際どのように誘ってくるのでしょうか?

素敵なママ友からの誘い

  • 無料の食事招待
  • エステのお試し
  • ケーキ教室
  • ホームパーティー
  • スキンケアセミナー・メイクセミナー
  • 健康セミナー
  • 美腸セミナー
  • お料理教室
  • クラフト作り などなど
ママ友の自宅やおしゃれな場所で開催される、女性ならばちょっと興味を持ってしまうような、楽しそうな内容のお茶会やワークショップなどに「来ない?」と声をかけられるのです。

Le-Velようなネットワークビジネスは、製品自体は実際に良いと感じるものも多いため、「会員になると会員価格でお得に買える」「この製品をもっとたくさんの人に伝えよう」と言われ、誘われる事もあるでしょう。

でも、あなたがその製品自体に興味を持てない場合は、どんなに良い製品だとアピールしてきても、興味がないことを相手に伝えましょう。

それ以外にも、このような言葉で誘ってくることが多いようです。

子供との時間を大切にしながら仕事ができる

シェアするだけで在宅でも収入が得られる

保育園に子供を預けて働くことに不安をかかえているママや、幼稚園に子供を預けている間に何か仕事をしたいと考えているママがターゲットにされるようです。

子供の将来のために権利収入をなどと言われると少し気になりますが、しかし、実際には人脈を広げるためと言われ毎週ミーティング(会員同士の集まり)に通わなくてはいけなかったり、製品の良さを知る為と言われ製品の購入をさせられるケースも多いのです。

Le-Vel、 誘われた後のママ友への対処法は?

では実際にLe-Velに誘われた場合、どうすれば良いのでしょうか。

ネットではLe-Velようなネットワークビジネスに、言われるがままに会員になった結果悩んでいる、こんな声もあるようです。

下着をメインに扱う某ネットワークビジネス。
ママ友の紹介で一つ購入したところ、まあまあ気に入ったので、他のも試してみようかと思ったんです。
そしたら「次から割引価格で買えるから」と、言われるがまま会員のようなものに加入してしまいました。その後しばらく着用していましたが、デパートの下着売り場で購入したものの方が値段も大差がない上に使用感も良く感じるようになりました。ママ友は頻繁にLINEを送ってきて、「試着しに来て」「お茶会に来ない?」などと、勧誘してきます。時には子どものお迎えに合わせて、よく行くスーパーやコンビニで待ち伏せされるようになりました。偶然を装っていますが、絶対にこちらの行動パターンに合わせています。偶然持っていたというチラシやパンフレットを渡されて、おすすめ商品をLINEに送ってくるんです。これが、大変苦痛なんです。。。彼女を見つけると、心臓が止まりそうになります。
私にはこういうお買い物の仕方は合っていない。好きなときに好きなように品物を選ぶ方が、気楽なんですよね。ママ友とのやりとりがすごいストレスになってきたことに気づきました。退会するには本社に電話をする必要があるようですが、その後彼女から連絡がくるのではないかと思うと、怖くてたまりません。このまま購入などはせず、ただの幽霊会員でいた方がまだいいのかな。
退会したことが彼女に知られるのも、今後気まずくなりそうで不安です。上手に退会された方、いらしたら伝授してください。

引用元 https://women.benesse.ne.jp/

断ることでトラブルになるのは避けたいですし、子供のことを考えるとなおさら、ママ友との関係はめんどくさい・・・色々と考えると、心配が膨らみはっきりと断ることって出来ないという人は多いと思います。

でも、はっきり断らなかった結果、自分が嫌な思いをするのであれば・・・
しっかりと断ることが大事ですね!

きっぱり「興味はない」と伝える。

断りたい場合、まず大切なのは「興味がない」とはっきり伝えること。

夫を盾にして断るか、お金がないので…というのが、王道の断り方のようですが、お金がないという理由はやめたほうがいいでしょう。

お金がないという理由こそ、相手からすると「やったほうがいい理由」になってしまいます。

それから、ママ友同士だとどうしても気を使ってしまい「それはいいね~」と聞いてしまいがちですが、そんな言葉を言ってしまった場合も余計に誘われてを受けてしまいます。

製品は気になるけれど、厄介な事は関わりたくない場合

Le-Velで扱っている製品はとても良いものなので製品に興味をもたれる方も多いようです。

そのような場合は、

製品は使ってみたいけど絶対ビジネスはしないよ、
セミナーなど面倒なことは連絡しないでね!

このような返事でもOKなのだそうです。
これで、面倒なことには関わらずLe-Velで扱っている製品のみを使うことができます。

ママ友を誘わなくても家でネットワークビジネスが出来るノウハウを公開中!(タップ)

Le-Vel、その誘い方 違法 行為かも!?

Le-Velに誘う事が目的なのに、それを云わずに呼び出されたときは、実は違法行為にあたります。

普通に世間話をしていたら、なんとなく将来への不安の話になり、

  • 副収入が欲しくない?
  • 夢を叶えるセミナーに一緒に参加しない?
  • 自分がいつも世話になっている人を紹介するよなどと言って見知らぬ人を連れてきて、延々と話を聞かされる。
こういう感じでLe-Velようなネットワークビジネスに誘われる人は多いかと思います。
このような誘い方はグレーとかでなく完全に違法行為にあたります。

ネットでは、こんな声がありました。

ママ友に副業を紹介したいとLINEで連絡が来ました。私がどんなことするの?と聞くと始めたばかりでうまく説明出来ないから上の人を紹介するからその人から聞いてほしい。と言われました。その上の人とやらは、週に50万以上稼いでいると言ってました。
小学1年の子供がいてパートもしている私ができるの?と聞くと誰でも出来るし
1人じゃないから大丈夫だよと言われました。来週ランチに行く約束があったのですが、そこにその”上の人”とやらを連れて行ってもいいか?と聞かれました。怪しくないですか?そもそも自分のしている仕事を説明できない。ランチ自体も”上の人”をもともと連れてくるつもりで誘ってきたんじゃないかとも思って来ました。これっていわゆるネズミ講とかマルチ商法ってやつでしょうか?

引用元https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13157057408

このママの場合、ママ友とママ友の知り合いの”上の人”が来たら、二人に詰め寄られる可能性がありますね。
本当に興味がないのでしたら、その状況になる前にはっきりと断りましょう。

最悪、Le-Velへの参加を巧みに誘われ心が動いてしまったとしても、クーリングオフを利用して契約を破棄することができます。

ネットワークビジネスの再勧誘は禁止!


Le-Velようなネットワークビジネスを断った相手に対して、繰り返し誘うことは禁止
となっています。
はっきりノーと言わないで断ると、相手はその弱みに付け込んできます。

たとえば、こんな例があります。

  • 今日は忙しいと断ったら翌週に出直してきた
  • 勤務時間なのでといったら、終業時間に会社の出口で待たれた
  • お金がないと言ったら特別に値引きしますと言ってきた
  • 自分はその件は詳しくなくてわからないと答えたら、わかるまで説明しますと言われた

はっきりと明確にノーと言っても、繰り返し誘われたらその相手のしている事は違法行為です。

それを指摘してその行為をやめてもらいましょう。

それと同時にのちにトラブルにならないためにも、最初にはっきりと意思がないことを表明することが大事です。

 

まとめ

気をつけたいのは「あの人Le-Velに誘ってくるから注意したほうがいいわよ」「警戒したほうがいいわよ」などとあなたからはママ友に関して発信することはNGです。

その後の人間関係のことを考え、相手がやっているLe-Velを否定したり、製品を否定したりはしないこと。

自分はやらないと決めたならママ友には「興味がない」ときっぱり伝えましょう。
「興味がない」って伝えるのは、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、相手もはっきり言ってもらった方がその後お互いに気まずくならず、今まで通りのママ友でいられますよ!

トラブルに巻き込まれない為にも、Le-Velようなネットワークビジネスの誘い方によっては、違法行為もあることを覚えておきましょう。

Le-Velをママ友に伝えたいあなたへ

まずは、相手の話をよく聞き、その上で相手のニーズをよく確認し、相手の状態を理解した上で伝える事です。

一方的に自分のニーズを押し付けるだけではなく、相手から興味を持ってもらえる状況を作り、相手がそれを聞きたいと言ったら伝える事を心がけるといいですね。

そして、ルールをきちんと守る事で、素晴らしい製品とLe-Velの仕組みが誤解されることなく必要な方へ伝わっていくことをお忘れなく!!

声をかける人がいなくなって、困っていませんか?

ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「ママ友の信用すら失ってしまう」という事。

ビジネスを切り出せない。勧誘する相手が、ママ友以外に簡単に見つからないならば・・
もう、稼ぐことをあきらめるしかありません。

でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から『話を聞かせてほしい』と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

【ママ友NG】SNSでダウンが自動に増えていく驚きの方法を今すぐGETする!(タップ)