ネットワークビジネス

ネットワークビジネス 勧誘のABCってなに?その疑問を徹底調査しました!!

友達を勧誘したら嫌われる?もうそんな心配はいりません!完全在宅のMLMはこちら(タップ)

ネットワークビジネスのABCというのを聞いたことがありますか?

ネットワークビジネスのABCとは・・・

ネットワークビジネスの勧誘がうまくできない初心者はこの勧誘方法を使って成功者と会わせようとしてきます。
成功者に会わせることで、詳しい説明や成功するイメージを与え、そのネットワークビジネスにより興味を持ってもらえると思っています。
しかし、成功者は断られることは慣れていますので、なかなか引き下がってもらえないですし、簡単に断れなくなってしまうこともあります。

  • A=Adviser(アドバイザー)
    勧誘をしてきた人の代わりに説明をしてくれる人で、主にアップのアップのアップとなる人です。そのビジネスで成功している人が多いです。
  • B=Bridge(ブリッジ)
    橋渡し役の人、見込み客を連れて来る役割、勧誘をしてきた人です。
  • C=Customer(カスタマー)見込み客・会員になってもらいたい人のことです。勧誘されたあなたです。

よくあるのが、ネットワークビジネスのことも、製品のことも何も話してない状態で
「近くに知人が来ているから、会おうよ?」とか「会わせたい人がいる」とか「ホームパーティーがあるよ」などと言ってAさん役を呼びそこから、強引にビジネスの話しにつなげるということです。

製品にも興味ないし、まして初めて会ったよくわからない人に、報酬プランまで話を進められたら、騙されたような気分になってしまいますよね。このようなやり方は絶対にNGです!

勧誘に使われる「ABC」の流れ

ネットワークビジネスの勧誘をしてくる人が、初めからネットワークビジネスの話をしてくる人ならばわかりやすいのですが、そうでない場合、会話の中にヒントがあるので注意をしておきましょう。
  • 特に普段からそんな話などしたこともないのに「健康」「美容」「資産運用」などの話が出てくる。
  • 「本当にやりたい事とかない?は持った方がいいよ」
  • 不労所得とか印税があったらいいと思わない?」
  • 「私のいつもお世話になっている人で、尊敬している人なの」
    ◯◯さんにもその方を紹介したいな

会話の中に、「健康」「美容」「資産運用」「夢」「不労所得」などのキーワードが出てきたら、話が深くならないように話題を外していきましょう。

そして健康や美容に関しての知識や、将来リストラや減給されたら生活できないことを語り語り、不安を煽ります。

誘ってくる相手にもよりますが、うまい人だとそのように自然に会話の中にネットワークビジネスに関するキーワードを織り交ぜ、アップラインに繋げられてしまいます。

あなたがネットワークビジネスに興味がないのならば、アップラインに会わされてしまう前に、「時間が取れない」「仕事が忙しい」などとにかく会わない方向にしていくといいでしょう。

気の弱い人、断れない人だと取り込まれる可能性大です。

土日はセミナーでつぶれている?完全在宅のMLMで権利収入をゲット!!(タップ)

本来のABCの形

事前に、BさんからはAさんのことを素晴らしい人だなどと、あなたがAさんの話しを聞きたい、聞いてみたい思える状態になっている事。

その上で、BさんはCさんであるあなたにネットワークビジネスのことを伝え、聞く体制になったタイミングでAさんに登場してもらいます。

そして、Aさんが登場した後は、Aさんにお話を任せします。

説明が終わった後は、「私も応援するから、一緒に頑張ろうよ」などと言葉がけをして、成約を促すのがBさんの役割です。

そして、BさんもシッカリとAさんの説明の仕方を学び、何度かそのような体験をした後は、今度はBさんがCさんのダウン作りのためにAさん役をすることになるのです。

勧誘 の ABC、このやり方は「時代遅れ」です。

ネットワークビジネスと言えば、ABC勧誘という感じでした。

ABC形式だと、1人の方にしか説明ができません。効率が悪いですよね。
それに、Aさん役がとても忙しい思いをすることになりこれでは労働収入と変わりがありません。

なので最近では、複数人でグループで「セミナー」「パーティー」「フォーラム」などと言って現会員さんも新規さんも一緒になり、説明会を行なっている形が多いようです。

この場合だと、一人で2人でも3人でも連れて行くことも可能ですし、自分一人だとフォロー出来ない部分も、周りの現会員の人に手伝ってもらうことも出来るため、効率が良いやり方となっているようです。

まとめ

ネットワークビジネスの仕組みは、基本、何も問題ありません。

会社自体は決して違法ではありませんし、法律に触れることを規制もしています。

強引にビジネスの話しにつなげたりなど、一部の常識のない勧誘をする人がいるので、ネットワークビジネスが怪しいイメージをもたれてしまう事が多いのかもしれません。

ABC勧誘をする際は、製品に興味を持ってくださっている方、副業に興味を持っている方などターゲットにはちゃんと目的をお伝えしてから誘うようにしましょう。

ネットワークビジネスの商品は、ほとんどが質の高いもので、多くの人がその仕組みで成功しているのも事実ですから、きちんとした手順を踏んで欲しいですよね。
あなたへのオススメ